令和3年度九州地区農業大学校プロジェクト・意見発表会で本校学生が最優秀賞を受賞

とてもうれしいお知らせです。令和3年度九州地区農業大学校プロジェクト・意見発表会で本校学生が最優秀賞を受賞しました。
先週実施された令和3年度九州地区農業大学校プロジェクト・意見発表会(リモート開催)にて、本校農学科2年生、伊藤吉平君(発表者:写真右)・河野史弥君(補助者:写真左)がプロジェクト発表養成部門で最優秀賞を受賞しました。2名は九州地区代表として、2月に開催予定の全国大会で発表を行う予定です。
二人の発表は、イチゴの栽培管理方法をエネバンク導入により環境保全と収量・品質向上の両立を目指して目標に取り組んだプロジェクトで、彼らの取り組みは今大会で高い評価を受けました。
九州大会に続き、全国大会でもがんばってください。

発表題目:エネバンク導入による環境保全と収量・品質向上を目指して~地球を守りながら最高のイチゴを皆さんへ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です