令和3年度 口蹄疫慰霊祭

平成22年5月16日、農業大学校で口蹄疫の発生が確認され12年近く経ちました。
農業大学校で牛218頭と山羊2頭が殺処分・埋却されました。
私たちは、本日行われた口蹄疫慰霊祭を通して、口蹄疫で被害を受けた全国唯一の農業大学校として、その使命と責務を果たしていくため、これからしっかりとこの記憶をとどめ、二度と口蹄疫を発生させないため、農場防疫を徹底することを改めて誓いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です